「石材店選び」でおさえておきたいポイント
納得のいくお墓造りをするためには「石材店選び」が重要ですし、購入後も墓石のメンテナンスなど様々な面でお付合いが続くので慎重に選ぶ必要があるでしょう。
ただ「石材店」と一口に言っても、業態や特徴もそれぞれ違うでしょうし会社規模も様々ですが、「石材店選び」でおさえておきたいポイントがあります。
ですから、そのポイントを知っておくことによって、良い石材店と巡り合えるかも知れません。
ただし、民営霊園や寺院墓地では石材店が指定されるケースがあって、その場合は指定されている石材店以外で建墓依頼ができないことを知っておきましょう。
1つ目のポイントは「じっくり話を聞いて相談にのってくれる所かどうか」です。
親身になって質問に答えたり、意向を汲み取ってくれたり、こちらの要望や状況を聞いた上で提案してくれる所は良い石材店といえるでしょう。
逆に、一方的な営業をする所や専門用語を乱用して煙に巻いたりする石材店は注意が必要です。
2つ目のポイントは「近くに店舗や展示場があるかどうか」です。
地域に根ざして長く活動している石材店は、それだけ信用に見合う仕事をしてきたと考えられます。
さらに店舗や展示場が近くにあれば、実物大の墓石を見てイメージできますし、気軽に立ち寄って相談できます。
また、何かあったらすぐに霊園現地まで飛んできてくれるので助かります。
3つ目のポイントは「実際に手掛けた実績を確認する」です。
単に墓石サンプルを確認するのではなく、実際に建墓したお墓をみせてもらうことが大切です。
特に、3年以上経ったお墓をみせてもらうと、具体的な施工レベルや仕事の質が分かるので確認すると良いでしょう。
4つ目のポイントは、「見積書・完成図面・各種契約書の提示があるかどうか」です。
住宅を建てる時には見積書・各種図面・各種契約書の提示が当然あって、お墓も同様にそれらの提示があるのが当然なのです。
ただし、規定墓の場合には図面がない場合があるので、その点を知っておきましょう。
5つ目のポイントは「石材の品質表示や説明がされているかどうか」です。
石材の原産国や地名・銘柄名・等級などで価格や品質、特徴が大きく異なってくるので、石材の品質表示を正確にしているかをチェックしましょう。
6つ目のポイントは「アフターサービスや保証の有無」です。
お墓は建てれば終わりというものではなくて、長い間維持していくことも大切なので、アフターフォローや保証などについて具体的内容を確認しておきましょう。
ただし、口頭では後々トラブルになってしまうので、文章に残しておいてもらうことが重要です。
7つ目のポイントは「しっかりした基礎工事を行っているかどうか」です。
お墓の基礎工事は表にはみえない部分ですが、施工において最も重要な部分といえます。
地域や土地の特性で基礎工事の方法も変える必要があるので、その点を理解している石材店かを確認することが大切です。
あと、大幅な値引きや安易な値引きをするのは要注意ですし、業界団体に加盟しているかどうか、「お墓ディレクター」資格取得者がいるかなども確認すると良いでしょう。