葛飾区 新しい形式の「墓」も多数生まれている
「墓」といえば、王などの有力者が巨大なものを築くことで、故人の業績を後世に伝えるモニュメントとしての性格があります。
ちなみに、世界最大の面積といわれているのが、大阪府堺市にある大仙陵古墳(仁徳天皇陵)です。
ただ現在の一般的な「墓」は、残された人が故人を偲ぶために遺骨を収めてお祀りする場所であって、感謝や供養の気持ち、末代の繁栄を願う気持ちを行動に表す場所といえます。
また、ご先祖様に供養することは結果的に残された家族の絆を深めると共に、限られた命の尊さを感じて感謝やいたわりの気持ちを育むことへとつながります。
このような意味から「墓」は大切ですし、大切にしなくてはならないと思うことが重要かも知れません。
一家族で1つ建てて直系で権利と義務を受け継いでいく形式が日本では一般的でしたが、最近では新しい形式も多数生まれています。
そのひとつが、宗教にとらわれない斬新なスタイルのデザインが脚光を浴びていることです。
また、人口増加や都市圏への一極集中により建てる場所が不足していて、永代供養墓や納骨堂形式も増えています。
葛飾区 墓なら「武蔵石材店」にお任せ下さい。