葛飾区 「墓地」の種類と形態
「墓地」とは、お墓を設けるための区域のことで、一般的に付属している事務所・休憩所・駐車場などの施設も含まれる広い範囲を指します。
お墓を建てるためには必要になりますが、実際に墓石を建てる範囲は「墓所」といって、「墓所使用権」を契約することでお墓を建てることができるのです。
一口にいっても様々な種類や形態があります。
種類は、都道府県や市区町村自治体が管理・運営する「公営」があって、使用料や管理料が安くて宗旨宗派についての制限がなく立地が良いなど長所があります。
ただし、供給が需要に追いつかず競争率が高いのが短所です。
経営主体が公益法人や寺院境内以外に宗教法人が経営している「民営」があって、宗旨宗派の制限がないことやお墓のデザインや大きさが自由に選べるメリットがあります。
その他、寺院境内・村落の住民が共有していた場所・個人の私有地などもあります。
形態は、近年増えている全体を公園のようにした形態があります。
また日本では馴染みが薄いですが、アメリカやヨーロッパ映画で見かける芝生を敷き詰めた地域に墓石を建てる形態もあります。
あと、納骨堂・共同納骨堂・屋内立体墓などといった立体墓地もあります。
葛飾区 「墓地」の種類と形態なら「武蔵石材店」にお任せ下さい。