葛飾区 「分骨」の理由とその方法
「分骨」とは、その名の通り遺骨の一部を別のお墓に分けて納骨することをいいます。
ただ広義の意味から考えると、一部分を海などに散骨したり、手元に置いておくということもひとつとなります。
希望される大きな理由しては、身内の遺骨を兄弟姉妹・家族などそれぞれのお墓に納骨したいという意向があります。
また埋葬した霊園が遠方でなかなかお墓参りに行けないために、遺骨の一部をお参りしやすい近くの霊園に納骨したいという意向もあります。
分骨の方法には、既にお墓に埋葬してある遺骨を分けて別の場所に納骨するケースと、火葬場で最初から分けるケースの2つのケースが考えられます。
いずれの方法にしても様々な手続きが必要で、勝手に行うと思いがけない問題を生むことも考えられるので注意が必要です。
既に埋葬されたお墓から分ける時には、霊園の管理者から証明書を発行してもらい2つの骨壷に分け、新たな埋葬先の管理者にその証明書を提出して納骨することになります。
火葬場で最初から分ける時には、火葬証明書を2枚発行してもらい火葬場で2つの骨壷に分けて、それぞれの霊園などに納骨します。
葛飾区 分骨なら「武蔵石材店」にお任せ下さい。