葛飾区 「散骨」はマナーを守ることが重要
通常、遺骨は地中に埋めることが前提とされていますが、新しい埋葬の形として「散骨」が注目されるようになってきました。
「散骨」とは、火葬して骨にした故人の遺骨を粉末状にし、海・山・空など想い想いの場所へ撒く方法のことです。
注目されるようになった理由としては、「美しい自然に還る」というイメージが、墓地への埋葬という暗いイメージより受け入れやすいことなどがあります。
また、1991年に関係省庁から「法の規制外」という見解がでたことで、「違法行為」と思い込まれていたことが、解消されたことも大きな理由です。
ただ、まだまだ認知度は低いために遺族の中には反対する人もいるので、遺族の同意を得てから行う必要があります。
また、法律的に整備されていないためトラブルを引き起こすことも考えられるので、自主的に配慮すべき点を知っておく必要があります。
特に配慮しなくてはならないのが「周りの人々の感情」で、「散骨マナー」を守ることが重要という認識は持っておく必要があるでしょう。
葛飾区 散骨なら「武蔵石材店」にお任せ下さい。