葛飾区 墓石の採取以外に儀式としての「石割り」がある
「石割り」とは、その名の通りお墓の石を採取するなどの際に石を割ることであり、またそのために使用する道具のことです。
あと、石積みの際に石材の大きさや据え付け位置などを割り付けることも「石割り」といいます。
墓石に利用される岩は、岩山などから採取した物を使用します。
長年にわたり空気に触れずに時を越えてきた岩肌はキメ細かい表面をしていて、こうして切り取った岩を立方体に切断し墓石として加工されるのです。
また「石割り」にはもうひとつの意味があって、お墓を作る際に安全を祈るために行われる儀式のことも指しています。
その儀式とは、お墓を守ってくれる「要石」を作成するための行為で、お墓作りが成功するよう要石に祈りを込めます。
大抵のお墓には、倒れそうになった時の最後の頼みとなる要石が埋め込まれています。
一般的に要石を作る儀式は「石割式」といわれていて、家族が墓石を作成する前にこのような儀式をすることで、墓石の原材料に触れ知ることができます。
また、一緒に墓石を作っているという気持ちが生まれることは良aいことかも知れません。
葛飾区 石割りなら「武蔵石材店」にお任せ下さい。