葛飾区 墓石に彫り込む「文字と書体」
墓石には必ず文字を刻みますが、墓石に彫り込む文字は墓碑の顔であり、この彫刻で墓石の印象が決まります。
ですから、墓石に彫り込む「文字と書体」に関しては悩むこともあるでしょう。
どのような文字を刻むのかやどのような書体にするのかに関しては、特別な決まりはありません。
ただ一般的に和型のお墓なら正面に家名や名号・お題目が刻まれますし、洋型のお墓なら好きな文字を刻む方も増えています。
書体に関しては、一般的には楷書体・行書体・草書体・隷書体・が多いですが、特に読みやすいということから「楷書体」を選ぶ方が多いようです。
このように昔と違って自由になっているので、自分たちらしい言葉を選び、独自の書体とレイアウトを工夫するのも良いかも知れません。
しかし、承継者やお墓参りに来てくれる人たちのことも考えることが大切といえます。
ですから、刻む「文字と書体」は後々のことを考えて奇抜な印象を与えないように注意する必要があるかも知れません。
あと、霊園や寺院によっては「文字と書体」や刻み方に決まりがあるケースも考えられるので、事前に確認すると良いでしょう。
葛飾区 墓石に彫り込む「文字と書体」なら「武蔵石材店」にお任せ下さい。