葛飾区 時代と共に変化する墓石の「デザイン」
お釈迦様が入滅された後に埋葬された地に建てられた「ストゥーパ」(漢語:卒塔婆)が、墓石の原形であるといわれています。
そのため角柱墓石が江戸時代に登場するまでは、墓石は石造の供養塔であり、層塔のデザインを踏襲したものが主流だったのです。
また、現在一般的になっている和型墓石は、板碑か位牌がルーツであると考えられています。
戦後様々な墓石が現れましたが、和型墓石と洋型墓石が主流といえます。
和型墓石は、見た目の安定感と昔ながらのお墓の形なので年齢を問わず幅広く受入れられています。
ただ最近では様々な加工が加えられて、伝統的な外観の中にモダンさを取り入れたデザインの和型墓石も登場しています。
洋型墓石は、現代的な外観と背の低い形状に親しみを覚える人が多く、首都圏や東日本を中心に人気がありますし、宗教を問わず幅広く受入れられています。
また、ガーデニング霊園・民営の霊園や墓地・芝生墓地などの出現により急速に普及してきたといえます。
あと、従来のお墓のスタイルやデザインに縛られず自由な発想で個性的なオリジナル墓石も増えてきています。
このように、墓石のデザインも時代と共に変化しているのです。
葛飾区 墓石の「デザイン」なら「武蔵石材店」にお任せ下さい。