古くて汚れたお墓を「墓石クリーニング」で蘇らせる
一般的にお墓は外に建てられているものがほとんどなので、雨やホコリなどによって汚れてしまうので、お墓参りなど定期的にクリーニングが必要です。
ただ最近の墓石は、鏡面加工などの技術で一般の方でも簡単に掃除がしやすくなっています。
水拭き程度のお手入れで墓石をきれいに保つことが可能なので、ご先祖様に感謝の気持ちを込めて自分たちで墓石のクリーニングをするのも良いでしょう。
掃除する為には掃除道具が必要で、雑巾やスポンジ・墓石用の洗剤をはじめとして、細かい部分に使用できる歯ブラシも必須アイテムです。
また、お墓の植木などをお手入れするために、剪定用のはさみやスコップもあれば便利です。
まずお墓についたら敷地内の掃除をしますが、他人のお墓の敷地内まで整えてしまうとトラブルが発生してしまうかも知れないので、あくまで自分のお墓の敷地内のみにしましょう。
次に、いよいよ墓石のクリーニングになります。
洗浄は水を含ませたスポンジやタオルで洗うだけで良いですが、凄く汚れている場合は墓石用洗剤を使って洗浄しましょう。
ただ、墓石の種類で塗装が剥げてしまう可能性もあるので、目立たない場所で確かめてから使用すると良いでしょう。
細かい部分は歯ブラシを使用して磨いて、一通り掃除が終わったら乾いたタオルで水気をしっかりと拭き取りましょう。
しかし、長きに渡り蓄積された水垢・コケ・カビなどは、洗剤を使用してスポンジで擦っても汚れが落ちないです。
濡れている間はきれいに見えても乾くと汚れたままということもあって、どうにも太刀打ちできないこともあります。
また、古いお墓ではお手入れが難しいといったケースもあって、「仕方がない」と諦めてしまうこともあるかも知れません。
そのような場合には、石材店に「墓石クリーニング」の相談・依頼を検討してみると良いでしょう。
石材専門の特殊クリーニング技術で、墓石自体を傷めることなく汚れを落として、古いお墓も酷い汚れのお墓も新品同様に蘇らせることが可能です。
ただし、「石の素人」による墓石クリーニング業者も存在しているので注意しなくてはなりません。
闇雲に市販薬品やタワシで洗浄して墓石を傷つけたり、墓石のツヤを消してしまったりなどのトラブルが多発しています。
ですから、石材のプロで技術を習得した正しい「墓石クリーニング」ができる石材店を選ぶことがとても重要になります。
いろいろと情報を収集して比較検討することをおすすめします。
ちなみに費用は、お墓の大きさやどの程度の仕上がりにするのかなどで違ってきますが、一般的なお墓で5万円程度のところが多いようです。
また施工時間は、半日程度と考えておくと良いでしょう。
古くて汚れたお墓の場合は、「リフォーム」や「建て直し」を検討することもあるでしょう。
しかし、リフォームや建て直しを検討する前に、費用面を考えてプロによるクリーニングを検討してみるのも良いかも知れません。
「墓石クリーニング」をひとつの選択肢に加えて検討してみましょう。