「お墓リフォーム」で美しく蘇らせる
長い年月風雨にさらされるお墓は、どうしても古くなったり、欠けてしまったりと汚れや傷みが目立つようになります。
しかし、誰でも綺麗でないところには行きたくないもので、逆に清潔でお洒落なお墓ならお墓参りも快適になることでしょう。
ですから、「お墓リフォーム」で美しく蘇らせることを検討してみると良いでしょう。
先祖代々受け継がれたものはしっかりと残しながら、見違えるように美しく蘇らせることが可能です。
ただ、漠然とした状態で「お墓リフォーム」をしても費用ばかりかかってしまい意味がないということもあります。
では、どのような点がポイントになってくるのでしょう。
それは、現在のお墓に対してどのような問題や不具合を感じているかという点です。
ですから、まずはその問題や不具合をひとつひとつ書き出す作業を行って、どの場所をどうしたいのかを明確にしていくことです。
そして、それを石材店などのリフォーム業者に伝えて、プロからアドバイスをもらいながら検討すると良いでしょう。
「地震でお墓が壊れてしまうのが心配」「耐震・免震仕様の墓石にしたい」といった要望があるのなら、耐震・免振施工で地震対策を施したお墓へとリフォームをすると良いでしょう。
「墓石の汚れを落としたい」といった希望があるのなら、表面をきれいに洗浄して、シミなども落とすことができる「お墓のクリーニング」をすると良いでしょう。
また、それと共に墓石の表面をコーティングして、防水効果により長期間保護するリフォームをすると良いでしょう。
このように一口に「お墓リフォーム」と言っても、状況や考え方によって様々な要望があります。
そこで、代表的な要望とそのリフォーム方法を紹介しますので、何らかの参考にしてみると良いかも知れません。
「石塔や周囲の石が傾いて困っている」「石塔にひび割れがあったり、角カケがあったりして見栄えが悪い」など、お墓の傾きやひび割れ・カケを直したいという要望があります。
傾いてしまった場合は石碑を組み直して傾きを修正することが可能ですし、ひび割れやカケは補修で対応することが可能です。
もし石碑周りのセメントが割れている場合は、カロートに水が溜まってしまうことも考えられるので、ご先祖様に申し訳ありませんから早めに補修すると良いでしょう。
「凍結が原因で花立てが壊れてしまった」「花立石で水の交換ができないので、水が腐って悪臭がしたり虫がわいたりしてしまう」など、付属品や装飾品に関する問題もあります。
石に掘った穴に直接水を入れるタイプの花立石では良くある問題で、ステンレスの花筒に交換することで解消することができます。
「戒名がみえないのでみえるようにしたい」「新しく戒名を追加彫刻をしたい」など、文字の化粧直しをしたいという要望があります。
これに関してもリフォームすることで文字の色入れができますし、追加彫刻も可能です。
この他にも様々な要望があるでしょうが、先に述べたように問題や不具合を書き出して、要望を石材店などのリフォーム業者に伝えましょう。
そうすれば要望に叶ったリフォームで、現在のお墓を見違えるように美しく蘇らせてくれることでしょう。