葛飾区 改墓に伴う「廃墓」の手続きと費用
継承者にとってお墓のある土地が遠方だったり、管理してくれる人がいなくなったりなど、様々な理由から「改墓」する人が増えています。
それに伴いお墓を撤去する「廃墓」が近年増加しています。
改墓に伴う「廃墓」の手続きとしては、移転先の新しい墓地を決めて墓地管理者に受け入れ証明書を発行してもらいます。
そして、現在の墓地管理者に改墓の旨を伝えて、埋葬証明書を発行してもらい、役所に行って改墓届を提出し改墓証明書を発行してもらいます。
役所での手続きが終了したら、改墓証明書を見せて遺骨を取り出させてもらいます。
最後に墓石から魂を抜く「閉魂法要」を行なうことで、廃墓する準備が整います。
あとは、お世話になった墓地や管理者に感謝の気持ちを込めて、墓地の解体・撤去・処分を業者に依頼して更地にしていきます。
つまり、引越す前に使用していた家をきれいに掃除するのと同じです。
かかる費用の目安としては、墓地の解体・撤去・処分にかかる費用が8万円/㎡が基本といわれているので、平均的な大きさが2㎡程度なので16万円程になります。
その他手続きにかかる費用などを換算すると、安くて20万円弱が必要になるでしょう。
葛飾区「廃墓」の手続きと費用なら「武蔵石材店」にお任せ下さい。