ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。武蔵石材店の井岡進と申します。東京都江戸川区の寺院墓地にて、ご納骨式に合わせて、クリーニングと、老朽化した福島県産の白河石でできた外柵の修繕作業を行いました。その際の様子をご紹介いたします。

【施工前後のお写真】

 

今回、お墓の追加彫刻とご納骨を希望されているお客様より、「お墓の汚れが気になります。納骨の前にお墓を綺麗にしたいのですが」というお問合せをいただきました。お客様のお墓がある墓地が、当店が施工でよく出入りをさせていただいているお寺様の墓地だったこともあり、お寺様が当店をご紹介くださったそうです。

早速、お客様もご一緒にお越しいただき、お寺様の墓地にて現地確認を行いました。

こちらがお客様のお墓です。お客様は、外柵の汚れがとても気になるとおっしゃっていました。綺麗にお参りされている状態でしたが、建立から数十年経ていることもあり、外柵にはコケや黒カビ等が付着していて、普段のお掃除では落とすことのできない状態でした。

また、確認すると、お墓と外柵の境目の部分が、老朽化により浮いてしまっている状態になっていましたので、追加の彫刻、ご納骨お手伝い、クリーニングに合わせて、外柵の修繕のご依頼をいただきました。

 

ご依頼いただいた後、修繕作業が始まります。お墓のクリーニング前に、近隣のお墓にご迷惑がかからないよう、ビニールシートや木の板で囲ってから作業スタートです。

お墓本体や台座部分、そして外柵を高圧洗浄機で綺麗に洗い、汚れを落とします。高圧洗浄機だけで落とすことのできない細やかな部分は、手で洗います。

 

ひとつひとつ丁寧に洗い、このよう綺麗になりました!

 

お墓は土台から上を取り外し、悪くなっていたコンクリートを一旦壊し、新しく打ち直しています。お墓に水が溜まらないよう、水勾配を付けています。

予定していた追加彫刻もしっかりと仕上げ、綺麗になったお墓にて、無事にご納骨式も行われました。綺麗になったお墓を見て、「とてもきれいになりましたね!」と、お客様に大変喜んでいただけました。

追加彫刻やご納骨をされる際に「せっかくならば綺麗なお墓に納骨を・・・」というお気持ちになられる方も多く、当店にもよくご依頼をいただいております。クリーニングや修繕を含め、お客様のご希望をどのようにして叶えて差し上げるか、ご予算なども伺い、いくつかパターンをご提案できるように努めております。

今後もしっかりと、お客様ひとりひとりのお話をお伺いし、細やかなご対応を心がけて参ります。